INFORMATION
  • Kindle unlimitedで全タイトル読み放題!
  • 【 通勤速習シリーズ 】は能力向上を目指すビジネスマンのための書籍です

本当に役立つ英語学習法

内容紹介 :

今までの英語学習方法ではなぜ本当に役立つ英語力が身につかないのか。
英会話スクールに通ってもなぜ英語が話せるようにならないのか。世の中には英語学習の為のツールがたくさんあり、それを選択するだけで話せるようになると錯覚してしまう方が大半で、以前の私もその一人でした。このコンテンツでは、英語学習の初級者から上級者までが英語をさらに上達させる方法を順序だてて説明していき、それらを実践することにより、世界で通用する英語力を身につけていただきます。
「海外の方から道を尋ねられる時にスムーズに案内できるようになりたい。」「英語で接客がしたい」「仕事で英語が必要になった」「海外留学をしたい」など人によって英語を身につけるきっかけは様々ですが、それらのニーズに応える英語力を身につけていきましょう。

目次

・まえがき
・第1章 なぜ日本人は英語が話せないのか?
・第2章 本当の英語力を身につけるには
 ①自分の英語力を客観的に知ること。
 ②自分のスケジュールを把握する。
 ③分野別勉強法「リーディング」
 ④分野別勉強法「英単語」
 ⑤分野別勉強法「リスニング」
 ⑥分野別勉強法「スピーキング」
 ⑦分野別勉強法「ライティング」
 ⑧分野別勉強法「TOEIC」
 ⑨ネット活用英語勉強法
 ⑩アウトプットよりもインプット
・あとがき

 

##まえがき

皆さんが英語学習を始めたのはいつ頃でしょうか。中学1年からアルファベットを習い始め高校受験や大学受験で配点の高い必須科目として勉強を続け、大学でも授業で受講する方が大半でしょう。
しかし、海外では日本人ほど英語が話せない人はいないのではないかと思うほどに英語力が不足していたり、使いこなせていない方が大半で、危機感を覚えています。このままでは先進国の中で日本は競争から取り残されるのも時間の問題でしょう。日本人だけ通訳機を使用し、他の国が自分の口で会話をしている状況を想像してみてください。どちらの方が信用できるでしょうか?どちらとビジネスを一緒にしたいでしょうか?
また以前と比べ海外の方と接する機会が日本国内においても増加し、少子高齢化社会で資源の少ない日本において英語が話せない、読めないと色々な状況下において不利になると言わざるおえないのが現実です。このまえがきを読んで下さった方が本当に正しい英語学習法を身につけて、短期間で結果を出す助けになれれば幸いです。

===================
##第1章 なぜ日本人は英語が話せないのか?

第1章では、なぜ日本人は英語が話せないのかについて紐解いていきたいと思います。
皆さんが英語学習を始めたのはいつからでしょうか。近年では小学校から英語学習が始まりますが、現在20歳以上の方の大半は中学1年でアルファベットを習い始め、高校、大学と英語学習を続けてきたのにも関わらず英語に対し苦手意識や、英語学習自体から離れていて忘れてしまっている方など人によって状況はさまざまだと思います。
ではなぜ日本人は英語を話せないのか?これには3つの理由が考えられます。
1つ目は、日本の英語教育にあります。私たちは小学校や中学校から英語を習い始めますが、その勉強自体の目的は目の前の中間テストや期末テストであり、「コミュニケーション」の為ではありません。皆さんが教科書で必ずと言っていいほど習う文章に「This is a pen.」というフレーズがあります。
意味は「これはペンです。」ペンは見れば分かるので、このフレーズを日常生活で使うことはまず無いでしょう。そうです。日本の英語教育で問題となっているのは、日常生活やビジネスでは到底使うとは思えないフレーズや、英文法、英熟語、構文やフレーズなどに溢れていることにあります。こういった問題点が解決されない限り、英語を必修科目として勉強する日本人に良い影響は与えないでしょう。授業では教科書を読み、単語を覚え、授業で解説を受けます。それは話す為の英語や聞く為の英語では無く、テストで良い点数を取る為の英語です。
このような授業を受けていると英語が嫌いになったり話せない生徒が量産され、世界で取り残されていくのです。ではでは英語を教えている先生は英語を話せるのでしょうか。ほとんどの先生は話せないでしょう。そもそもリーディングやライティングはできますが、ナチュラルスピードでのリスニングや、話すための実用的なスピーキングは出来ない方が非常に多いのです。教科書の解説本を見ながら教えているので、教員歴の長い先生の中には英語力が衰えている方も多いのが現状です。
日本人が英語を話せない2つ目の理由は、「英語学習の選択肢がありすぎる」ことにあります。書店に行き、英語学習のコーナーに行くと例えばTOEIC対策の本だけでも数百冊はあります。書店に行き自分の気に入った参考書を手に取り、自宅に帰ってからもしくはお気に入りのカフェで勉強を始めるのですが、何日かして気がつくとまた書店に行き別の参考書を購入。
新しい参考書を使って勉強を始めると、以前買った参考書は部屋の隅っこや本棚に放置され、またYouTubeで英語学習者の為に勉強方法を教えている動画で別の参考書に手を出してしまう…。話す機会を作るために英会話スクールに通うも英語をその場で話しただけで満足し、何カ月経っても英語力が上達していない自分に気がつく。上記の出来事は筆者が実際に体験してきたことであり、これらを克服するまで英語力が飛躍的に伸びることはありませんでした。皆さんには私自身の失敗談を疑似体験していただき、
同じ過ちを犯さないように肝に銘じていただきたい。
日本人が英語を話せない3つ目の理由は、「相手を尊重しすぎる•空気を読もうとしすぎる」ことにあります。語学留学や海外の大学に留学したり、ビジネスで海外営業としてさまざまな国の人たちと関わってきて筆者が感じるのは、日本人が、「受け身すぎる」ということです。日本の学校では小学校・中学校・大学と、先生や教授の話を聞き、メモを取り、テストで高得点を取ることが評価につながるため、「発言」が評価されるというよりは、「傾聴力」に赴きが置かれています。
日本においては、これで問題はないのですが、海外に出ると「傾聴力」だけではなく「発言力」が求められます。
それができない傾向に日本人はあり、海外では「日本人は英語が話せないし、自分の意見が無い」とみなされてしまうのです。それは仕事が出来ないということにつながってしまうのです。

===================
##第2章 本当の英語力を身につけるには

ここではいよいよ、本当の英語力を身につけるための方法を説明していきます。
まずあなたの英語力を向上させたい原動力は何でしょうか。何のために英語を勉強するのでしょうか。それぞれの目的に沿った日本国内にいながらできる英語学習方法について説明していきます。

###①自分の英語力を客観的に知ること。
まずは自分の英語力を計ってみましょう。
自分の英語力が分からないのに英語の勉強をするということは、車で道が分からないのにカーナビを使用したり、人に道を訪ねたりせずに、目的地に向かおうとすることと同じです。それでは迷子になってしまいますよね。そこで自分の英語力を計る時におすすめなのが、TOEIC(リスニング、リーディングテストまたはスピーキングテスト)やVersant(スピーキングテスト)です。英検の場合は、過去に取得した級があればそれを参考にして次の級にチャレンジしたり、過去問や予想問題の点数を参考に自分の受けるべき級を考えましょう。
上記のテストを受験し、まずは自分の英語力を客観的に見てみましょう。自分の英語力のどの部分に弱点がありどういった勉強方法が合っているのかをここで分析することが最短ルートで英語力を上達させる最も重要なポイントです。
ここで肝心なのは点数が良かったり悪かったからといって一喜一憂しないことです。あくまで自分の英語力を分析するための手段だと捉えてください。上記テストを受験する場合、テストまでの期間やテストの結果が発表されるまでに数カ月かかることがあります。
すぐに結果を確認し、勉強対策に活かしたいときは、市販のTOEIC対策模擬テストなどを使用し、自己採点をして弱点を確認してください。テストを受験することによってそれが勉強をすることへのモチベーションになったり、短期目標になります。これがとても大切なことなのですが、目標については後ほど説明させていただきます。

 

###②自分のスケジュールを把握する。
自分のスケジュールを把握することは英語学習をして英語力を上達させることの最も大切な柱となります。たいていの人は今あるスケジュールの隙間時間に英語を勉強することを考えます。
しかし、英語を勉強し、短期間で成果を上げるには最低でも1日3時間を3カ月続ける必要があります。
ここで鉄則なのは、

続きは下記よりご覧いただけます。
全文はKindleでご覧頂けます。Unlimitedユーザーは全巻読み放題!

本シリーズは能力向上を目指すビジネスマンのための書籍です。
通勤時間や昼休みなどの空き時間で無理なく読めるボリュームとなっています。
スキマ時間を有効活用し、あなたのスキルアップの手助けになれば幸いです。